そもそも看護助手ってどんな業務を行うのでしょうか?

病院などで忙しく働いている看護師は、医師の指示の元業務を行なっています。
そして、准看護士は自分の意思で医療行為を行う事が出来ないため、看護師や医師の指示に従って業務をこなしていきます。正看護師と准看護師だけでも違いが生じていますが、看護助手はまた別の分野に分けられることになります。看護助手というのは、看護師の補助を行う立ち位置です。特に決まった資格がないので資格取得する必要はありません。資格を持っていないので、医療行為を行う事は出来ません。病院の病棟・診療所・外来などに勤務して患者の身の回りのお世話をすることになります。シフト制や交代制が多く、パートや契約社員という扱いがメインになっていることも特徴的です。採用年齢が幅広いという点も特徴の一つになっています。特定の免許を必要としないので、未経験者でも医療現場で働くことが可能です。


看護助手に必要なスキルとは?

特定の資格が必要無いとなっていますが、必要なスキルというものはあるのでしょうか。
未経験者でも医療現場で活躍することが出来るのですが、誰かの役に立ちたい・思いやる心が求められます。常に患者と接するわけですから、その人の役に立ち優しく接しながらサポートしていきたいという心持ちが必要です。普段から誰かの世話を焼くことが好きという方にも、看護助手という仕事は向いているでしょう。看護助手の方の中には出来るだけ資格を取得した方が良いと考えて、看護助手認定資格を取得するとかホームヘルパーの資格を取得している方も居るそうです。少しでも多くの資格を取得しておけば、こなせる業務も幅広くなりますからね。何より責任感をしっかり持つことが出来るかどうかという点も重要になってきます。コミュニケーションスキルも必要になってきますので、誰とでも打ち解けられるような方も向いているでしょう。


医療に携わる人間として成長できる

看護師のように様々な業務を行う事は難しいけれど、それでも助手にしか出来ない業務もあります。
未経験から始めた方も多く、実際医療現場で過ごしていく内に成長を感じている方も多くなっています。最初は分からない言葉が飛び交っていたけれど、少しずつ理解できるようになってきたからやりがいを感じるようになったという方も見られます。慣れるまでは同じ職場に勤めて、何年か経った頃合いを見計らって求人サイトを利用して転職を決意する方も居ます。どの病院でも同じ業務を行う事はなく、その病院によりやり方などが変わってくるため、スキルアップも兼ねて転職を決める方が増えているみたいです。最初は看護助手として頑張って、その後看護師を目指して勉強している方もいるのです。自分に合った働き方を見つけましょう!